2010年12月28日

中絶薬ってどんな薬なのかを調べてみる。

出産前、あるいは最中に羊膜が破れ、羊水が出ることを破水(はすい)という。 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん、英語 英Pregnancy-induced hypertension)とは妊娠後期に見られる高血圧と蛋白尿を主とする一連の状態。妊娠カレンダー(にんしんカレンダー)は、小川洋子の小説。 要因による名称の違い 自然流産、自然死産(自然妊娠中絶:spontaneous abortion) 人工流産、人工死産(人工妊娠中絶:induced abortion)→本稿で記述。なお、妊娠12週未満の流産を「早期流産」、妊娠12週以降22週未満の流産を「後期流産」という。それ以外に無症状だが経腟超音波検査にて中絶薬を認める場合を稽留流産といい、これも子宮内容除去の適応となる。後期流産は法令上死産#法規 死産届が必要となる。定義し、22週以降の場合「早産」と定義されている。切迫流産の場合は妊娠の継続が可能な場合もあるので安静、臥床とし16週以降で子宮の収縮が認められる場合は子宮収縮抑制薬を使用する。
ラベル:中絶薬
posted by 中絶薬相談人 at 11:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。